石井清お勧めの丹沢春のコース

寄→雨山峠→鍋割山→塔ヶ岳→丹沢山 寄から雨山峠そして鍋割山へと新緑に包まれた山道を歩く。特に雨山峠より鍋割山と登山者は比較的少なく静かな山歩きが出来る。特に鍋割山から金冷シの間はぶなの新緑が美しく気持ちよくぶな林の静かな道が続き、大倉尾根や表尾根の道とは趣を異にした ぶなの新緑と春の丹沢を楽しむ絶好のコースである。また塔ヶ岳から丹沢山にかけてはトウゴクミツバツツジやシロヤシオが咲き 新緑が美しいコースである。ただし 寄より雨山峠・鍋割山の間だけザレ場やクサリ場があり 足元に注意して慎重に行動されたし!! 新緑やツツジの楽しめる場所は標高により時期がずれるので情報確認されたし。
丹沢山→本間ノ頭→宮ヶ瀬 【丹沢三ッ峰】 特筆すべきは ひと抱え以上あるぶなの老木がたくましく枝を広げている林間の道を宮ヶ瀬へ下る登山コースである。この尾根筋にはぶなと並んでバイケイソウの群落やマルバタケフキが季節に合わせて花を咲かせ 瀬戸沢ノ頭付近にはトウゴクミツバツツジやシロヤシオが群生し とにかく5月下旬から6月上旬の開花時期は 本当に美しい。また このコースは小雨降る中歩くのも 雨にけむる満開のツツジの色は幻想的な美しさを持っている。 なを下山コースとはいえ 円山木ノ頭へはなかなかの急登で 844m峰付近 道が崩れているところあり!! 歩行に注意して下さい。
丹沢山→蛭ヶ岳→檜洞丸→西丹沢 丹沢山隗の最高峰・蛭ヶ岳で充分展望を楽しみ(ただし 晴れていれば)ぶなの原生林が残る檜洞丸と 新緑の丹沢を楽しむには絶好のコースです。鬼ヶ岩付近の満開のツツジと富士山や西丹沢の眺望を楽しみ 臼ヶ岳付近のぶなの新緑と 丹沢の主稜線は季節感あふれる静かな山道です。また 檜洞丸山頂付近や下山コースのツツジ新道は地面を埋め尽くすようにマルバタケフキやバイケイソウが生え 色鮮やかなトウゴクミツバツツジ・ヤマツツジ・シロヤシオが咲き乱れる。 なを 檜洞丸山頂付近の木道はバイケイソウ保護のためにつけられたものです。くれぐれも木道から降りない様注意しましょう。
石井清からの一言 丹沢は海洋気象の影響を受けやすいため 天気は早めに崩れ 回復が遅く 霧が多くなり肌寒くなることがある。長袖のシャツや雨具・傘等を準備したい。 また 晴れるとかなり日差しが強くなり日除け帽等が必要となる。 出来れば山行前に天気図等自分で書き 天候判断をしっかりして 楽しい山登りをして下さい。