石井 清からのご案内

冬の丹沢ですか・・・・? 丹沢も一応積雪を見ますが 量は「くるぶし」ぐらいですか・・・
年によって違いますが 暖冬の年は以外に雪が降るときがあり
低気圧のコースが八丈島より北を通過すると間違いなく雪!!と思ってください。
丹沢・表尾根から丹沢山へ さて 本題 表尾根のコース
三ノ塔まで チョッときつい登りです。登りついた三ノ塔で 雪を頂いた富士山・表丹沢塔ノ岳より丹沢山への稜線の眺めに感激されるでしょう。
行者岳の岩場 雪がついていれば 足元を注意してください。
表尾根の稜線 かなり起伏あり それなりに変化があるコースで 新大日・木又大日と積雪を踏みしめ塔ノ岳へ・・・ 
富士山・南アルプスを遠くに眺め いよいよ丹沢山・蛭ヶ岳へとむかいます。塔ノ岳からの下り スリップに注意しましょう。遠く西に富士山・南アルプスを眺め 東に奥多摩・上越の山を眺めながら 多少の登下降あるものの さほどの事も無く 雪の稜線散歩という感じで山登りを楽しめるでしょう。
 ***積雪による道路状況によっては 
    バスがヤビツまで入らず蓑毛止まりになる可能性がありますので
    下記 神奈中・秦野営業所に問い合わせて下さい。
          0463-81-1803

丹沢・三ッ峰から宮ヶ瀬へ 丹沢の冬 静かに山を楽しむ・・ ほどよく積もった雪の感触を確かめながら宮ヶ瀬に下る三ッ峰尾根はどうであろう
丹沢山から 落葉した木立に降雪直後には綿帽子をかぶった樹林帯の道を下る。途中 円山木ノ頭・本間ノ頭と急な登りがあるが 本間ノ頭より振り返ると雪の主脈縦走路・塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳への稜線を眺めることが出来る。本間ノ頭よりただひたすら下るのみで宮ヶ瀬へ・・ 途中岩場等少々悪い所もあるが案ずるより生むがやすしである。積雪も本間ノ頭までで 一人静かに山を楽しむには絶好のコースではないだろうか・・・冬の丹沢三ッ峰登山者は非常に少なく 《ひっそりたたずむ》 という言葉がピッタリのコースである。
西丹沢へ 蛭ヶ岳・・・西丹沢、 丹沢山塊唯一冬山を味わうと薦められるルートであろう。丹沢山のつるべ落し・鬼ヶ岩のクサリ場と スリップに注意して降り 蛭ヶ岳《丹沢山隗の最高峰》へ・・・ 蛭ヶ岳→檜洞丸へは 蛭ヶ岳より臼ヶ岳間の急な下りに特に注意すべきで 氷化している場合は より注意すべきである。積雪状況にもよるが 場合によりラッセルの可能性もある。 一人もくもくとラッセルしながら丹沢の主稜を歩く・・・振り返れば木の間越しに歩いてきた塔ヶ岳・丹沢山・蛭ヶ岳と雪の積もった稜線jも垣間見られ 一人静かに冬山の感動を味わうことも可能である。蛭ヶ岳の下降以外さしたる危険も無いと思うが積雪の多い時には尾根とは言へルートを見誤らないこと!! 着いた檜洞丸よりの雪を頂いた蛭ヶ岳はなかなかの圧巻で通って来た塔ヶ岳・丹沢山等 冬山の風情としてはなかなかのものである。檜洞丸よりの下山は体力・時間に余裕があれば犬越路を越え西丹沢へ下山か または 直接ツツジコースを下りゴーラ沢出会・西丹沢に下るも良しであろう。時間に余裕があれば 箒沢・中川温泉と谷あいのひっそりとたたずむ部落を歩き たそがれた冬の風情を楽しむのも一興であろう。